お近くの相続不動産に強い専門家を探す

 ※対応エリアにつきましては、順次更新予定です。

北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島
関東     東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬
甲信越・北陸 山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海     静岡 愛知 岐阜 三重
関西     大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国     岡山 広島 島根 鳥取 山口
四国     愛媛 香川 高知 徳島
九州・沖縄  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄
相続不動産の事なら相続不動産相談ナビ
不動産相続の流れ
相続不動産Q&A

相続不動産Q&A

Q.相続で取得した場合不動産を売却したいのですが?
A.
相続財産を、相続税の申告期限後の3年以内に売却した場合、納付した相続税の内、一定金額を譲渡所得の計算上取得費として売却益から引くことができます。
それにより売却利益を圧縮することができ、場合により所得税・住民税が0となることがあります。

もっと知りたい方はこちらからどうぞ!

相続不動産に関する用語集

◆相続
人の財産や権利、義務などを、その人の死亡によって他者が承継すること。

◆自筆証書遺言
全ての内容を自筆で記した遺言のこと。
民法で定められた通りに作成したものでなければ、遺言として認められない。

もっと知りたい方はこちらからどうぞ!

相続で土地や建物といった不動産を兄弟や親せき複数人で権利を所有している 場合でも「あなたの共有持分のみ」だけ売却することが可能です!

相続不動産の事なら相続不動産相談ナビにお任せください!

一般的に不動産は、預貯金や株式と違い、分割しにくく、評価も難しいため、相続トラブルを起こしやすい財産だと言われています。
相続の問題は、突然訪れる場合も多く、初めてのこともあり、多くの方が相続に伴って発生するトラブルに悩まれるのではないでしょうか。
相続では、不動産を活かすことで節税ができ、財産継承ができます!
何事も事前の対策が肝心です!
まずは、お近くの相続不動産に強い専門家にご相談されてみてはいかがでしょうか。

相続不動産に強い専門家をピックアップ!

相続不動産のトピックスはこちら!

RSS Feed Widget